携帯アフィリエイトバイブル -携帯で稼ぐ-
携帯サイト収入(スマホ・携帯)で生計を立てる管理人による携帯アフィリエイトからスマートフォン・Twitter・Facebookまで稼ぐ方法・儲かるノウハウ・SEO対策などを入門から応用まで実践報告し攻略するブログ。初心者歓迎!安心の全ノウハウ無料公開
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小遣いブログ スマホ・携帯アフィリエイトへ
にほんブログ村
<オススメ情報>
アフィリエイト以上に簡単お小遣い稼ぎなら断然ポイントサイト♪
何年もポイントサイトを利用してきた私の厳選オススメサイトは以下の5つ(^^)
お財布.comモッピーGetMoneyげん玉ECナビ

カテゴリーTOPに戻る
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
収入が多い人ほどスマホ対応している。
当ブログ携帯アフィリエイトバイブルが、スマホ対応を言い始めてから随分と時が経ちますね。

大手ASPがメインとなって設立されている「アフィリエイトマーケティング協会」が興味深いアンケートレポートを公開されていますので、アフィリエイターな皆さんに共有しておきます。
(「なんたら協会」と聞くと少々胡散臭く感じますが、ここはメインが上場企業さんたちなのでとてもまともです^^;)

「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2013」
スマホ対応は 32.6%(前年比+13.6%)、広告主のスマホ対応を要望
http://affiliate-marketing.jp/release/release130326.pdf

これまでは、PCサイト・携帯サイトを作ってアフィリエイトの中でも、アフィリエイト初心者の方は、まず「PCサイトアフィリエイト」からスタートする事が多かったと思います。
で、その次に携帯対応や携帯アフィリエイトをする人はする。
という感じでした。
つまり、ケータイアフィリエイトは、基本的には2番手だったわけです。

しかし、IT業界のキーワードで「モバイルファースト」という言葉があります。
例えば、WEBサービスを立ち上げる際に、今までは先にPCサービスから作って次にモバイルサービスという流れだったのが逆転し、モバイル(今ならスマホ)から先にサービスを作るという流れが非常に速いスピードで広がりつつあります。

アフィリエイト業界でも、すぐに「モバイルファースト」にシフトできないとは思いますが、おそらく徐々にモバイルファーストになるのは明白なのではないでしょうか。

しかし、このデータを見ていて面白いのが。

「収入が多い人ほど、スマホ対応をしている」ということですね。
引用 スマホ対応状況:収入多い属性では約 50%以上(前年比+約 20%)

アフィリエイト収入が多い人の方がスマホ対応をしているという事から、2つの側面が読み取れると思います。
まず、
①スマホ対応する事で、スマホからのアクセスを取りこぼす事無くきちんとアフィリエイト収益に結びつけている。
次に
②既にスマホ対応をしているという事は、きちんとアンテナを張って、流行に敏感であり、変化を受け入れて次々と対応していけるセンス(もしくは、経験)があるのだと思います。

継続的にアフィリエイトで収益を上げたいと思っている人、アフィリエイトで高収益を目指したいと思っている人で、まだガラケーの人はすぐにガラケーを捨ててスマホに変える必要があるとの認識は必要だと思います。
(もちろん、自分の出来る範囲で少しのお小遣いが稼げたらいいんだ、という方は、そのままで問題ないと思います。それも大切なアフィリエイトの楽しみ方ですから^^)

スマホサイトのつくり方すら分からないというのであれば、
過去記事:「スマートフォンアフィリエイトのはじめ方」を参照してみてください。


ようは、やるかやらないか。やってみるのか、やってみないのか。です。
(うわ、ちょっと偉そうだけど、、、、真実・・。)

にほんブログ村 小遣いブログ スマホ・携帯アフィリエイトへ
にほんブログ村
<オススメ情報>
アフィリエイト以上に簡単お小遣い稼ぎなら断然ポイントサイト♪
何年もポイントサイトを利用してきた私の厳選オススメサイトは以下の5つ(^^)
お財布.comモッピーGetMoneyげん玉ECナビ

カテゴリーTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://upup.blog3.fc2.com/tb.php/579-f5a85771
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。