携帯アフィリエイトバイブル -携帯で稼ぐ-
携帯サイト収入(スマホ・携帯)で生計を立てる管理人による携帯アフィリエイトからスマートフォン・Twitter・Facebookまで稼ぐ方法・儲かるノウハウ・SEO対策などを入門から応用まで実践報告し攻略するブログ。初心者歓迎!安心の全ノウハウ無料公開
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小遣いブログ スマホ・携帯アフィリエイトへ
にほんブログ村
<オススメ情報>
アフィリエイト以上に簡単お小遣い稼ぎなら断然ポイントサイト♪
何年もポイントサイトを利用してきた私の厳選オススメサイトは以下の5つ(^^)
お財布.comモッピーGetMoneyげん玉ECナビ

カテゴリーTOPに戻る
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コンテンツがない!?
携帯サイト作成応用編第三回 (前編)


携帯サイト作成応用編の主旨は、今まで何度か説明してきたとおり、
私が思いついた携帯サイト作成案を自分で作る前に記事にしてしまうという不定期企画なのですが。

今回は、ちょっと趣向を変えて別視点のお話を。

以前からメールで質問を下さるなかで一番多かった質問が、
おもしろいコンテンツが思いつかない」「コンテンツが作れない
というものです。

過去に色んなカテゴリー(記事)で何度も出てきていると思いますが、
PCサイトと携帯サイトの決定的な違いというのは、
携帯サイトはコンテンツが非常に重要視される点です。
もちろん、PCでもコンテンツの重要度は高いと思います。

しかし、PCフィリエイトで稼いでいる方々のサイトは、
基本的に、「先にアフィリエイトありき」なわけです。
売りたい商材やジャンルを先に確定し、
商材を売るために(もしくは売れやすくするために)サイトを構築していくという手法が一番稼げるとされています。

しかし、携帯サイトは、「先に人ありき」的なところがあります。
アフィリエイトリンクを綺麗に並べたところで人は集まってきません。
(有料で広告を打ったり、PCサイトでアクセスを稼げる強力なバックボーンがあったりしたら別ですが。)

結局、これは検索エンジンの利用度に由来することになります。
googleがモバイル検索システム(携帯サイト検索)を開始したといえども、
携帯で検索システムを利用する人は、
PCの検索エンジンに比べると格段に少ないのが実情です。

なので、PCアフィリエイトでよく使われる「ニッチ分野で勝負をして検索エンジン頼り」
という方法は携帯アフィリエイトではなかなか使えないわけです。

だからこそ、純粋にコンテンツ勝負に出るわけです。

PCでも携帯でも、本当に面白いサイト・便利なサイトなどには人が自然と集まってきます。
アフィリエイトなんて関係ないわけです。

そういえば、PCアフィリエイトについてですが・・・、
googleがアフィリエイトリンクだけのサイトやブログを弾いたりするシステムの導入がささやかれていますね。
本当にそうなるとすれば、生き残るのは本当にコンテンツの充実したサイトだけってことになりますね。
(個人的にはとてもいいことだと思います。)


さて、話を戻しまして、
前述しましたように、携帯アフィリエイトにおける携帯サイト作成では、コンテンツというものが非常に重要なわけです。

今後、携帯サイトで検索エンジンの利用が非常に多くなったとしても、
PCと同じで結局はコンテンツが充実したサイトが生き残り、そして稼げるわけです。

なので、携帯サイト作成においては、稼ぐことよりもコンテンツを考えることに注力してほしいわけです。
収入はあとからついてくるはずです。


はっきり言って、PCでも携帯でもサイト作成の究極はそこにしかないと思います。


ただ、どうしても「どんなコンテンツを作ればいいのか思いつかない」という人は・・・。
携帯サイト作成応用編:第三回(後編) へ

にほんブログ村 小遣いブログ スマホ・携帯アフィリエイトへ
にほんブログ村
<オススメ情報>
アフィリエイト以上に簡単お小遣い稼ぎなら断然ポイントサイト♪
何年もポイントサイトを利用してきた私の厳選オススメサイトは以下の5つ(^^)
お財布.comモッピーGetMoneyげん玉ECナビ

カテゴリーTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://upup.blog3.fc2.com/tb.php/207-e3835b81
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。